生命保険

積立利率変動型終身保険

「積立利率変動型終身保険」とは一体どのような保険を指すのでしょうか?

保険に加入している方の場合、この保険を一度は耳にしたことがあると思います。積立利率変動型終身保険とは、”その名の通り契約締結時からず死亡・高度障害の一生涯保障をしてくれる終身型の保険”のことです。積立部分と保障(死亡保障・高度障害保証)の特約から構成されています。利率変動型積立終身保険とは全く性質が異なるので、注意してください。

また積立利率とは、積立金に付利する利率のことをいいます。利率は、毎月市場の動きにより変動しますが、契約時の最低保証によってその下限は決められています。

< 積立利率変動型終身保険の特徴>

●死亡保障(高度障害保障)は一生涯。

●契約時に定めた利率に最低保証が付いている。

●契約時に定めた保険金額に最低保証がついている。

●利率はひと月ごとに変動する。

●契約締結時から契約終了時まで保険料は一定額。

●保険資産は他の保険と区別して経理されるので、資産運用を独立して行える。

<通常の終身保険との違い>

「死亡保険金」と「解約返戻金」が支払われる点は、どちらも同じです。大きな違いは積立利率により、その額が変動することです。最低保証があるのである一定以上下がることなく、利率上昇時の保険金額の増加を見込むことができます。



TOP PAGE